News

ママ友と息子の友達と遊びました

先日、小学校から仲がよく、出産の時期も上の息子と2週間くらいしか変わらない同級生のママ友達と、

その子の息子くんと、私の子供たちと5人でわたしの家で遊びました。

1時半頃にと約束をしていたので、ちょうどそれくらいの時間にきてくれました。

子供たちははじめのうちはいつも、2人バラバラで好きな事をして遊んでいます。

0歳のちっちゃい頃から2ヶ月に1回くらいは遊んでいるのですが、なかなかはじめは一緒に遊んでくれません。

わたしもママ友も一緒に遊んでるところを写真とったりしたいのですが、思い通りにはいかないですね。

まぁバラバラに遊んでたりしても色々と個性が見れてすごくおもしろいものです。

子供たち2人は性格が全然真反対なので、

刺激しあっていて、息子もママ友たちがくるたびに色々な成長していってくれます。

しばらくたって、だんだんとお互いに慣れてきたのか、やっと一緒に遊びだしてくれました。

アンパンマンのブロックや車のおもちゃで遊んでいる姿をみると、やっぱり男の子やなぁっとママ友と言っていました。

ママ友の息子くんも興味があるのは、恐竜のおもちゃや車のおもちゃみたいなので。

2人で遊び始めたのは良かったのですが、

2人とも3歳前の当たり前の行動と言いますか、ブロックを使っていても息子が独り占めして貸さなかったり、

ママ友の息子くんが貸さなかったりと、ぎゃあきゃあ言いながら取り合いを始めちゃったり・・・。

なかなかずっと仲良く遊ぶとはいかないみたいです。

でもまぁこの行動も自我の表れなのでまたやってるわぁってな感じで、

仲直りするのも息子たちに任せて、見守っていました。

それから3時前くらいにおやつを出し、みんなで一緒に食べながらママ友とおしゃべり。

また息子たちは遊びに夢中になっていました。

4時頃、教育テレビをかけ息子たちは次はテレビに夢中。

キャラクターがやるダンスなどを一緒に踊ったりと、きゃっきゃきゃっきゃと楽しんでました。

次の番組が始まる前に、そろそろお片付けをさせようと出しているブロックと車のおもちゃを半分にわけ、

息子とママ友の息子くんどっちが早いかなぁとか言ってゲーム感覚で楽しくお片付けさせ、

終わるとまた息子たちはテレビに夢中になっていました。

そろそろ外も暗くなりはじめた、5時前くらいにママ友たちは帰っていきました。

久しぶりに遊べて息子も楽しそうだったし、自分自身もママ友といっぱいおしゃべりできてストレス発散になりました。

iライン脱毛

プロカメラマンの写真

前から写真を撮ることが好きだった私。

コンパクトデジタルカメラ以外にも一眼レフカメラや、魚眼レンズや4つ穴のトイカメラなども持っているほどでした。

大好きなペットのわんこも自分でもカメラや携帯カメラでも撮影していましたが、

ペットの撮影会にも何度か参加させてもらっていました。

プロのカメラマンさんの撮る写真は本当に躍動感があって素敵でしたが、

うちのわんこの場合は人見知りが激しく、カメラマンさんに撮ってもらうとなると、

お耳も尻尾も下げてママ助けての表情のまま固まる事が多くなってしまいました。

なので、デジタル一眼レフで撮る写真のきれいさはあっても、

親の私が撮ってあげる方がやっぱり表情豊かに撮ってあげる事ができました。

子供が産まれてから、節目節目ではちゃんとプロの方に撮ってもらいたいと思っていて、

まずは生後1ヵ月のお宮参りの写真をスタジオアリスさんで撮りました。

この頃はまだ人見知りはないにしてもママ抱っこでないと泣いていた娘。

スタジオアリスのベテランスタッフさんたちのサポートでなんとか撮ってもらえました。

その後は初節句の記念にもスタジオアリスさんで撮ってもらいましたが、

この頃にはママが離れれば泣いていた娘だったので、

撮影するのも大変で、泣き顔じゃない素の表情を撮ってもらうのが精一杯でした。

それ以外にもmixiで見つけた親子撮影会や子供撮影会に何回か参加してきました。

撮影会の参加費用すべてを東日本大震災の義援金にしているチャリティー親子撮影会では、

2月には有志の参加者による写真展も行われたりもしました。

そこで飾ってもらった写真たちは、笑顔の子どもとそれを見守る親の笑顔溢れるものでしたが、

我が家は写真展唯一の娘の泣き顔(笑)。

まぁ、そんな泣き顔が娘らしいと思って、私もカメラマンさんも選んだんですけどね(笑)。

そんな娘も1歳半になって、ようやく人見知りも少しはおさまってきて、撮影会でも時おり笑顔が出るようにもなりました。

プロのカメラマンさんは、そんな一瞬の表情も逃さずにシャッターをきってくれ、

ようやく私が撮る以外の写真にも笑顔が残るようになりました。

いつかライフスタジオで撮ってもらいたいなと思っていましたが、

せっかく衣装など可愛くしてもらっても泣いてばかりではさすがにお金の無駄なので、

ようやく先日、撮影してもらうことができました。

恵比寿に新しく出来た女の子限定スタジオで、ライフスタジオから生まれた新しいブランド『75c』というフォントスタジオです。

キャンペーンプランだったので10カット+デザインカット10カットで、衣装は1着のみですが1万5千円。

ちょっと大人っぽいナチュラルな衣装とヘッドアクセサリーをつけてもらい、ピンクの可愛い部屋で撮影。

スタッフのみなさんも女性ばかりなので、

はじめは固まりがちだった娘も、笑顔やお得意の鼻をくしゃっとさせる表情などもバッチリ撮ってもらう事ができました。

女の子なので2歳くらいになったら生意気に自分でポーズも取り出すだろうと思うので、

これからがさらに楽しみです。